宇陀温泉郷 椿寿荘(ちんじゅそう) 本郷温泉 かぎろひの里

ホームページからのご予約はこちら

お電話・FAXでのご予約・各種お問い合わせ

-0745-83-13030745-83-1303-

-0745-83-1316

-椿寿荘からのお知らせ椿寿荘からのお知らせINFORMATION

カテゴリ別

月別アーカイブ

宇陀松山ばるウォークに協賛

2017年05月09日掲載カテゴリ:お知らせ

かぎろひの里は万葉の時代は天皇の御狩場で,この場所で

  万葉の歌人「柿本人麻呂が”東の野に かぎろひの・・・・”」と詠みました。

戦国時代の末期は織田信長の次男:織田信雄(のぶかつ)の居城「松山城」がありました。

椿寿荘前のウッドデッキに佇むと、目の前にある小高い山の頂上:松山城跡地が見渡せます。

東西決戦の西側の最終防御ラインと謂われ、この松山城の次が郡山城となり、大阪城に繋がります。

山上から東側の動きが見通せる山城で、頂上に残されている礎石から当時の松山城の雄姿が想像できます。

山頂へは普段履きで容易に登れます。

  

寒暖の差が大きい季節には”雲海”が発生します。

未だ感動させられる写真に出逢っていないような気がします。

穴場です。

山裾は宇陀松山の宿場街として繁栄していました。

当時の繁栄ぶりが現在に残されているのが「重要伝統的建造物群保存地区」(略称:ジューデンケン)

約1km余りの街道に宇陀の豊富な薬草を使った医薬品製造販売の屋形や、高級紙の流通の要となった屋形等、

知れば知るほど歴史が面白くなります。

 

5月26日(金)~6月3日(土)の8日間「宇陀松山ばるウォーク」イベント

   

 このイベントに椿寿荘も協賛します。

 期間中、ばるチケット2枚(1000円分)で薬草山菜を使ったランチを

 松山城を眺めながらお召し上がりいただけます。

 本葛を使ったゴマ豆腐、ヨモギの新芽を使った刺身、ダイコンのムース、山菜炊き込みご飯

 山菜天麩羅、新茶蕎麦など、ベテラン料理人が調理します。

 当日の11時までにご予約下さい。

 

    

 

 

 

 

お知らせ一覧

このページの先頭へ